読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらころーる

おそ松さんのとりこになったとらこ

【おそ松さん】 おそ松さん手芸部活動記録 【最終更新9/19】


f:id:torakono:20160919193334j:image

 

「#おそ松さん手芸部」というTwitterタグをご存じでしょうか?

その名のとおり「おそ松さん」関係の手芸作品を投稿するときに使われています。

羊毛フェルト、イメージアクセサリー、樹脂粘土、消しゴム判子、ぬいぐるみに着せる服・・・などなど、 たくさんの人のアイディア満載な作品ばかりでとっても楽しいので、ちょこちょこ覗いてます♪

 

おそ松さんは等身が低いマスコット的な版権絵も多いからか、手芸映えしてとってもかわいい!

 

 

私は学生時代手芸が好きで、たまーにちょっとした小物を作っていたのですが、勤めだしてからはさっぱりだったんです。

それが手芸部タグを見ているうちに自分でも作りたい欲がムクムクと膨らんで、この夏に手芸趣味復活しました。

 

結構たまってきたので、備忘録がてらブログ記事に残すことにします。

 

 

 

 

 

①羊チョロ松(けも松さん)

 

#おそ松さん手芸部 タグを初めて使ったのがこのチョロ松。 

広島旅行中にアニメイト広島(←おそ松さんSHOP開催してました)のガチャガチャで手に入れて、可愛いの作ろう~♪ とワクワクしながら持ち帰った思い出があります。

 

 

いつものへの字口も、羊になるとなんだから数倍かわいく見えて、かなり愛着があります。

ちなみに角とベルは、近くにあったプレゼントラッピング用の針金入りの紐を使いました。(正式名称不明 笑)

接着剤無しで、羊毛同士をチクチク刺してくっ付けてます。

 

 

 

 

②レサおそ(けも松さん)

ちょうど #レサおそ大好き祭 が開催されていて、他の方のかわいいレサおそイラストやぬいぐるみが沢山アップされていたタイミングでした。

『レサおそ可愛い!めっちゃ可愛いよねー!よっしゃ作るでーー!』 っていう衝動で作った一品。

 

チョロ松は最初から立てかける前提で作ってたので大丈夫だったんですが、レサおそはぺたんこポーズにしたくて、足の付け方に悪戦苦闘。頭が重くてすぐに後ろにコロンって転がってしまうので、お尻のボリュームを増やすことでなんとかお座りさせました。

あとは尻尾がなかなか難しかったっ!結構な量の羊毛を手に取ったつもりなのに、刺しているうちにどんどん小さくなるから、なんか寂しい尻尾になっちゃって(ToT)

画像の尻尾も、見た目以上に羊毛使ってます。フワフワな感じになったのでとりあえず満足!

 

 

 

 

 

③イチゲルゲ

 

『紫色に黒猫のマーク……一松みたいだわ~』と思ってセリアで購入したタオル。

そのまま使わないまま部屋に置いていたのですが、ふと『イチゲルゲと合わせたら可愛いかも!』と思い立って刺繍してみることにしました。

クロスステッチは好きでいくつか刺してたのですが、それ以外の刺繍は全く経験無かったので、松手芸部タグの他の作品を見ながら見様見真似でチクチクチクチク。

『モコモコ部分のみ6本取り』と書きましたが、ボリューム出したかったのと、隙間がなければそれなりに見えるだろう、という安直な理由です(笑

 

こんな感じにしよーーってざっくり下絵を描いて、

f:id:torakono:20160919193520j:image

 

習字用半紙に清書してからまち針でとめて、ちくちく。

だんだんボロボロになってくるので、途中からは勘で刺すしかなかった……

f:id:torakono:20160919193542j:image

 

刺繍楽しかったです、練習して思ったとおりのデザインが刺せるようになりたいな。

 

 

 

 

 

 

④キュピ松さんトドまつ(一番くじ

 

手芸要素少ないので、タグは工作部の方を使ったのですが、合わせてまとめちゃいます。

 

一番くじ下位賞のラバーマスコットって、絶妙~に可愛くないのがすごく気になってまして。 

 

『やっぱり目の下の線は無い方がかわいいよね!そしてトッティはもっと黒目大きいよね!』とあれこれ考えた結果、黒目部分を彫ることになりました。

カッターで彫っている最中は、眼窩部分が目立つ骸骨みたいに見えてきて、『やばい…失敗したかな…』と冷や汗モノだったんですが、スワロフスキー入れ込んでみたらいい感じにあざと可愛くなったのでホッと一安心。

調子乗ってチークやお花まで付けだして、キューピッドよりギャルの方に近くなったかもしれない。

 

ちなみに、目の下の線解除はこんな感じでやりました↓↓ 

 

 

 

 

 

⑤芋虫チョロ松(へそウォアリス松)

 

芋虫チョロ松のイラストが発表されたときの盛り上がり凄かったですね。

あーもうかっこいいし、色気もある……

 

 

このチョロ松は絶対立体映えするー!フィギュア欲しいー!

でもしばらく出ないだろうから自分で作るーー!!!となって作ったのが上の写真。(※さっきから衝動にかられて作ってばかりだ)

 

 

ベースは”フチ松さん”ことPUTITTOおそ松さんのチョロ松です。

 

きちんと足を閉じて求人誌を読んでいるチョロ松。

このままでは、ガバ―と足を開いて無造作に肘をついて……っていう芋虫チョロ松の姿には遠いので、ちょっと細工をしました。

 

 

手足を切り取ってくっ付け直して、無事開脚と肘つきができました!

一応作業途中のバラバラ状態写真はあるのですが……見返してみたら、人形とはいえ、気持ちのいいものではなかったので、フォルダにしまっておくことにします。

 

目はどうしても流し目(?)にしたくて、黒目を白絵の具でつぶして描き直しました。

 

チョロ松を埋めているのは、紙粘土と合わせて100均で買ったモスボール。

中身をくり抜いて使っています。結構いい感じの雰囲気になって嬉しい!

f:id:torakono:20160919193402j:image

 

100均がこんなにワクワクする店だったなんて、手芸部タグに出会わなかったら実感することなかったんだな~って不思議な気持ちになってます^^*

 

 

 

 

ひとまず今日のところはここまで!

またまとまった数増えたり、画像追加したくなったら編集しようと思います♪